環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

 

♦鵜戸神宮の本殿

♦鵜戸神宮の鳥居周辺

♦鵜戸神宮に生育する植物たち

♦吾平山上陵

♦鵜戸山八丁坂の石段

 

鵜戸神宮の鳥居周辺

鵜戸神宮の鳥居である。

鵜戸神宮の正門の入り口です。

鵜戸神宮の鳥居の前にある駐車場からの風景である。

爽快な気分になってします。

入り口付近にある木造で作られて
男女別トイレである。

入り口付近にある御神籤売り場。

ちらからもかなり長い道のり。でも道行く景色は本当に美しく、目を飽きさせません。

目が覚めるような朱塗りに南国の植生、そしてどこまでも青く拡がる海原が見事なコントラストです。

江戸時代初期

慶安元年 八月吉日

1648年

飫肥藩主 伊東祐久公が

奉寄進 燈龍十基

急な階段を下りて本堂へ向かいます

左側は壮大な水平線が広がっています。

本殿に向かう、途中の階段からの

風景。

本殿の入り口付近からの急な石段が続く、一番上に見える湾曲の橋は神橋(玉橋、霊橋、鵜戸の反橋)。

この神橋は神仏習合時代には金剛界37尊の御名が書かれた37枚の板が配してありました。

この神橋を渡ると御本殿に至る急な石段です。

これより先は古来より尊い御神域、霊場として深い信仰を集めてまいりました。

かつては橋の手前から履物を脱ぎ、裸足でお参りをしていました。

今はその習慣はなくなりましたが、その心は生きています。

お参りの方々は御神慮にかない、心は清く正しく明き人として祝福され、御加護を受けられるといわれています。

本殿の入り口。

内部に壮大な本殿がある。

本殿の鳥居に足を入れると、ヒンヤリして心地がよかった。