環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

腎臓(IGA)

腎臓画像

腎臓・尿路検査

(尿素窒素)

(クレアニチン)

(尿たんぱく)

(尿潜血)

(尿比重)

(尿PH)

(尿沈殿)

脂肪検査

(総コレステロール)

(HDLコレステロール)

(中性脂肪)

貧血

(赤血球)

(血色素)

(ヘマトクリット)

静脈瘤

心筋梗塞

多血症(真性多血症)

腓腹筋内側頭部(筋肉膜)分断裂

歯槽膿漏

エイズ(HIV)

筋肉の名称 

脊柱

腓腹筋

手の神経切断

心筋梗塞:事例

心筋梗塞は予兆がありますが突然発症しますので、予兆がありましたらすくに検査を。

·心筋梗塞/狭心症

冠動脈疾患は心筋梗塞と狭心症に大別されます。心筋梗塞は冠動脈閉鎖による不可逆性の心筋病変です。狭心症は心筋の一過性虚血に伴う可逆病態です。どちらも冠状動脈硬化、中でも粥状硬化を基礎病変とし、冠状脈硬化の増悪因子(危険因子)をもつものに発症しやすい。危険因子には、まず高コレステロール血症、喫煙、高血圧の3大因子があり、ほかに糖尿病、冠状脈疾患を有する家族歴、性格と行動パターン、高尿酸血症、肥満、ストレスなどがあります。

日常生活指導の中心は心筋梗塞患者では再発防止、狭心症患者では狭心症発作誘引の回避や心筋梗塞への進行阻止、さらに冠状動脈硬化促進抑制及び運動耐容能の改善などである。このために、主治医と連携で、まず以上の危険因子を減らす努力をします。その上以下のような日常生活指導をします。

·運動

心筋梗塞の急性期入院時は別として、退院後の心筋梗塞患者の運動習慣は重要です。運動を頑張り過ぎてもいけないし、また用心しすぎて運動量が少なすぎるのもよくない。運動するにあたっては冠状動脈造影で病変を心エコー図などで心機能を十分い把握した主治医から運動負荷試験に基づいて運動強度、運動量を決定してもらいます。最初はゆっくりとした歩行から開始しる。1回500~1000m程度を1日2回からはじめ、段階的に歩行距離、歩行速度を増していく。自身がついたら医師から許可されて運動を自分レベルで行う。この際、運動の記録とともに脈拍、出来れば血圧を記録し主治医に連絡する。

·仕事

心筋梗塞にはなりやすい性格・行動様式が見られる。仕事をはじめ物事に積極的に取り組み、頑張りやで几帳面、負けん気が強くて気力が旺盛なタイプは冠状動脈疾患に罹りやすい。従って心身にストレスをかける行動様式を変えて、少しゆったりつぃて生活を心がける。

·禁煙

喫煙は冠状動脈硬化の3大危険因子の1つである。

·食事

食事は心臓の負担となるので、ゆっくり食べ、食後は1時間くらい休憩する。食事に関連した狭心症では起こりにくいが、不安定狭心症に移行する時間や夜間、早朝に生じる狭心症で生じやすい。

·入浴

安定した心筋梗塞や安定狭心症では、入浴と関連して虚血ST変化や狭心発作を生じる例は少ないが、不安定狭心症や梗塞後狭心症例では非常に多い。

 

NO

のみ方目安

名称/効能・効果/副作用

初期に服用1日2錠以内

ニトロールRカプセル20m

·働き

狭心症は、心筋に供給される血液が不足したときに起こります。胸に圧迫感を感じたり、しめつけられるように痛みます。 このお薬は、心臓の動脈や全身の血管を強力に広げます。その作用により、心筋に血液がたくさん届くようになり、また心臓の負担も軽くなります。結果的に、狭心症状がおさえられます。 ただし、狭心症そのものを治すことはできません。また、徐放製剤は速効性がないので、予防的に使用しなければなりません。ふつう、定期的に毎日使用します。

·薬理

冠循環改善作用..心臓のまわりの心筋を養う血管(冠動脈)を広げます。これにより、心筋の酸素不足や栄養不足を改善します。 末梢血管拡張作用..体全体の末梢の血管を広げて、心臓の負担を軽くします。心不全の症状をとるのにも有効です。

·特徴

いわゆる「ニトロ」と呼ばれる硝酸薬の仲間です。狭心症の治療に古くから使われています。 当面の狭心症状にとてもよく効きます。長期的な予後改善効果(長生き効果)についてはよく分かっていません。

·用法・容量

·用法及び用量

通常成人は、1回1カプセル(硝酸イソソルビドとして20mg)を1日2回、経口投与する。 なお、年齢・症状により適宜増減する。

·注意

低血圧、緑内障、脳卒中のある人は、病状により使用できません。肝臓の悪い人は薬の代謝が遅れるので、用量に注意します。 本剤の投与に際しては、症状及び経過を十分に観察し、狭心症発作が増悪するなど効果が認められない場合には他の療法に切りかえること。

過度の血圧低下が起こった場合には、本剤の投与を中止し下肢の挙上あるいは昇圧剤の投与等、適切な処置を行うこと。

硝酸・亜硝酸エステル系薬剤を使用中の患者で、急に投与を中止したとき症状が悪化した症例が報告されているので、休薬を要する場合には他剤との併用下で徐々に投与量を減じること。

また、患者に医師の指示なしに使用を中止しないよう注意すること。

起立性低血圧を起こすことがあるので注意すること。

本剤の投与開始時には、他の硝酸・亜硝酸エステル系薬剤と同様に血管拡張作用による頭痛等の副作用を起こすことがある。

このような場合には鎮痛剤を投与するか、減量又は中止するなど適切な処置を行うこと。また、これらの副作用のために注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、このような場合には、自動車の運転等の危険を伴う機械の操作に従事させないように注意すること。

本剤とホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する勃起不全治療剤(クエン酸シルデナフィル、塩酸バルデナフィル水和物)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を低下させることがあるので、本剤投与前にこれらの薬剤を服用していないことを十分確認すること。また、本剤投与中及び投与後においてこれらの薬剤を服用しないよう十分注意すること。

·慎重投与

低血圧の患者 〔血管拡張作用により、さらに血圧を低下させるおそれがある。〕

原発性肺高血圧症の患者 〔心拍出量が低下しショックを起こすおそれがある。〕

肥大型閉塞性心筋症の患者 〔心室内圧較差の増強をもたらし、症状を悪化させるおそれがある。〕

肝障害のある患者 〔高い血中濃度が持続するおそれがあるので、減量するなどして使用すること。〕

·副作用

総症例10,098例中、463例(4.59%)の副作用が報告されている。(再審査終了時) 循環器 めまい・ふらつき、熱感、潮紅、動悸 循環器 浮腫、血圧低下 精神神経系 頭痛、頭重 精神神経系 全身けん怠感、耳鳴 精神神経系 脱力感、不快感 消化器 悪心・嘔吐、胃部不快感・上腹部痛 消化器 食欲不振 肝臓 AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇等 過敏症注) 発疹

朝1錠夕1錠

パルナジン100mg

·効能・効果

血管内で血液が固まり血液を止めてしま う状態を血栓と言います。心筋梗塞・脳卒中(脳梗塞)がその代表でその先の組織が障害を受け機能を失ってしまう。この薬は抗血小板の働きを抑えて血液が固まるのを防ぎます。主に脳の血管が詰まる脳卒中(脳梗塞)の予防に用いられます、特に脳の太い動脈がコレステロールなどで狭くなることで起こる「アテローム血栓性梗塞」や頚動脈の効果による「一過性脳虚血発作」に効果が高いと考えられています。その他、血管手術や血液体外循環に伴う血栓、慢性動脈閉鎖症による足の壊疸等、血栓に起因する病気に広く用いられている。心筋梗塞に用いられていることもありますが、その再発予防効果については必ずしもはっきりしていません。

·用法及び用量

血管手術および血液体外循環に伴う血栓・塞栓の治療ならびに血流障害の改善には,塩酸チクロピジンとして,通常成人1日200~300mg(錠:2~3錠または細粒:2~3g)を2~3回に分けて食後に経口投与する。なお,年齢,症状により適宜増減する。

慢性動脈閉塞症に伴う潰瘍,疼痛および冷感などの阻血性諸症状の改善には,塩酸チクロピジンとして,通常成人1日300~600mg(錠:3~6錠または細粒:3~6g)を2~3回に分けて食後に経口投与する。なお,年齢,症状により適宜増減する。

虚血性脳血管障害に伴う血栓・塞栓の治療には,塩酸チクロピジンとして,通常成人1日200~300mg(錠:2~3錠または細粒:2~3g)を2~3回に分けて食後に経口投与する。なお,1日200mg(錠:2錠または細粒:2g)の場合には1回に投与することもできる。なお,年齢,症状により適宜増減する。

クモ膜下出血術後の脳血管攣縮に伴う血流障害の改善には,塩酸チクロピジンとして,通常成人1日300mg(錠:3錠または細粒:3g)を3回に分けて食後に経口投与する。なお,年齢,症状により適宜増減する。

·用法及び用量に関連する使用上の注意

(1)投与開始後2か月間は,原則として1回2週間分を処方すること。

[本剤による重大な副作用を回避するため,患者を来院させ,定期的な血液検査を実施する必要がある。]

(「警告」の項参照)

(2)手術の場合には,出血を増強するおそれがあるので,10~14日前に投与を中止すること。ただし,血小板機能の抑制作用が求められる場合を除く

·重要な基本的注意

本剤を新たに投与する場合には,血栓性血小板減少性紫斑病(TTP),無顆粒球症,重篤な肝障害等の重大な副作用が主に投与開始後2か月以内にあらわれることがあるので,本剤の有効性と安全性を十分に考慮し,本剤の投与が適切と診断される患者に投与すること。

脳梗塞患者への投与にあたっては,他の血小板凝集を抑制する薬剤等との相互作用に注意するとともに,高血圧が持続する患者への投与は慎重に行い,投与中は十分な血圧のコントロールを行うこと

·副作用

承認前の調査1,120例中報告された副作用は13.7%(153例)で,主な副作用は食欲不振1.5%(17件),胃不快感1.5%(17件)等の消化器症状,皮下出血1.1%(12件)等の出血傾向であった。

承認後における使用成績調査(6年間)6,813例中報告された副作用は6.8%(461例)で,主な副作用は鼻出血0.4%(30件),皮下出血0.4%(27件)等の出血傾向,食欲不振0.3%(22件),胃不快感0.3%(22件),嘔気0.3%(22件)等の消化器症状,ALT(GPT)上昇0.4%(28件),AST(GOT)上昇0.3%(23件)等の肝機能障害であった。また,顆粒球減少は0.1%(9件),黄疸は0.1%(4件)であった。

·重大な副作用

血栓性血小板減少性紫斑病(TTP) 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため) (主徴:血小板減少,破砕赤血球の出現を認める溶血性貧血,動揺する精神・神経症状,発熱,腎機能障害)

TTPがあらわれることがある(特に投与開始後2か月以内)ので,観察を十分に行い,TTPの初期症状であるけん怠感,食欲不振,紫斑等の出血症状,意識障害等の精神・神経症状等が出現した場合には,ただちに投与を中止し,血液検査(網赤血球,破砕赤血球の同定を含む)を実施し,必要に応じ血漿交換等の適切な処置を行うこと。

無顆粒球症 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため) (初期症状:発熱,咽頭痛,けん怠感等) 無顆粒球症があらわれることがある(特に投与開始後2か月以内)ので,観察を十分に行い,初期症状が認められた場合には,ただちに投与を中止し,血液検査(血球算定等)および適切な処置を行うこと。

重篤な肝障害(劇症肝炎, 胆汁うっ滞型肝障害があらわれることがある) 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため) (初期症状:悪心・嘔吐,食欲不振,けん怠感,そう痒感,眼球黄染,皮膚の黄染,褐色尿等)

著しいAST(GOT),ALT(GPT), ビリルビン, 総コレステロールの上昇を伴う肝機能障害があらわれることがある(特に投与開始後2か月以内)ので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,肝機能検査を実施し,必要に応じ適切な処置を行うこと。

再生不良性貧血を含む汎血球減少症 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため) 再生不良性貧血を含む汎血球減少症があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

赤芽球癆 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため) 赤芽球癆があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

血小板減少症 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため) 血小板減少症があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

出血(脳出血等の頭蓋内出血(初期症状:頭痛,意識障害,片麻痺等),消化管出血等の重篤な出血) 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため)

出血(脳出血等の頭蓋内出血(初期症状:頭痛,意識障害,片麻痺等),消化管出血等の重篤な出血)があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

中毒性表皮壊死症(Lyell症候群),皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),紅皮症,多形滲出性紅斑 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため)

中毒性表皮壊死症(Lyell症候群),皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),紅皮症,多形滲出性紅斑があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

消化性潰瘍 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため) 消化性潰瘍があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

急性腎不全 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため) 急性腎不全があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

間質性肺炎 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため) 間質性肺炎があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

SLE様症状(発熱,関節痛,胸部痛,胸水貯留,抗核抗体陽性等) 頻度不明(自発報告において認められている副作用のため) SLE様症状(発熱,関節痛,胸部痛,胸水貯留,抗核抗体陽性等)があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

夕1錠

メバロチン錠5 5mg

·効能

コレステロールの生合成に関係する酵素の働きを阻止し、血液中のコレステロールの濃度を下げ、高脂血症を治療するお薬です。

·用法及び用量

通常、成人にはプラバスタチンナトリウムとして、1日10mgを1回または2回に分け経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mgまで増量できる。

·重要な基本的注意

適用の前に十分な検査を実施し、高脂血症、家族性高コレステロール血症であることを確認した上で本剤の適用を考慮すること。本剤は高コレステロール血症が主な異常である高脂血症によく反応する。

あらかじめ高脂血症の基本である食事療法を行い、更に運動療法や高血圧・喫煙等の虚血性心疾患のリスクファクターの軽減等も十分考慮すること。

投与中は血中脂質値を定期的に検査し、治療に対する反応が認められない場合には投与を中止すること。

·副作用

総症例11,224例中329例(2.93%)に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められた。その主なものは発疹(0.11%)、下痢(0.08%)、胃不快感(0.07%)等であった。

〔新医薬品等の使用の成績等に関する調査結果報告書(第6次)〕

·重大な副作用

横紋筋融解症 頻度不明 筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれ、これに伴って急性腎不全等の重篤な腎障害があらわれることがあるので、このような場合には直ちに投与を中止すること。

肝障害 頻度不明 黄疸、著しいAST(GOT)・ALT(GPT)の上昇等を伴う肝障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような場合は投与を中止し適切な処置を行うこと。

血小板減少 頻度不明 血小板減少があらわれることがあるので、このような場合には投与を中止し適切な処置を行うこと[紫斑、皮下出血等を伴う重篤な症例も報告されている 。

ミオパシー 頻度不明 ミオパシーがあらわれたとの報告がある。

末梢神経障害 頻度不明 末梢神経障害があらわれたとの報告がある。

過敏症状 頻度不明 ループス様症候群、血管炎等の過敏症状があらわれたとの報告がある。

朝1錠 アダラートCR錠20mg

·効能

冠血管を拡張し、心臓に流れる血液の量を増やし、狭心症を治療するお薬です。末梢血管を拡張することで血圧を下げ、高血圧症を治療するお薬です。

·用法及び用量

高血圧症,腎実質性高血圧症,腎血管性高血圧症 通常,成人にはニフェジピンとして20~40mgを1日1回経口投与する.ただし,1日10~20mgより投与を開始し,必要に応じ漸次増量する.

狭心症,異型狭心症 通常,成人にはニフェジピンとして40mgを1日1回経口投与する.なお,症状に応じ適宜増減するが,最高用量は1日1回60mgとする.

·重要な基本的注意

カルシウム拮抗剤の投与を急に中止したとき,症状が悪化した症例が報告されているので,本剤の休薬を要する場合は徐々に減量し,観察を十分に行うこと.また患者に医師の指示なしに服薬を中止しないように注意すること.

まれに過度の血圧低下を起こし,ショック症状や一過性の意識障害,脳梗塞があらわれることがあるので,そのような場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

降圧作用に基づくめまい等があらわれることがあるので,高所作業,自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させること.

·慎重投与

大動脈弁狭窄,僧帽弁狭窄のある患者,肺高血圧のある患者[血管拡張作用により重篤な血行動態の悪化を招くおそれがある.] 過度に血圧の低い患者[更に血圧が低下するおそれがある.]

血液透析療法中の循環血液量減少を伴う高血圧患者[過度に血圧が低下するおそれがある.] 重篤な腎機能障害のある患者[急速な降圧等により腎機能が悪化するおそれがある.](「薬物動態」の項参照)

重篤な肝機能障害のある患者[血中濃度が上昇することがある.また門脈圧が上昇するおそれがある.] うっ血性心不全(特に高度の左室収縮機能障害)のある患者[心不全が悪化するおそれがある。

·副作用

702例中副作用が報告された症例は84例(11.97%)で,発現件数は127件である.主な副作用は顔面潮紅・顔のほてり(4.56%),頭痛・頭重感(4.13%),動悸(1.57%),ほてり・熱感(1.42%)等である.

臨床検査値ではALT(GPT)上昇〔3.18%:検査例数(以下同様)661例〕,AST(GOT)上昇〔1.67%(660例)〕,γ-GTP上昇〔2.35%(170例)〕,Al-P上昇〔0.78%(639例)〕,LDH上昇〔1.07%(652例)〕等である.(承認時)

朝1錠夕1錠

マーズレン 顆粒

·効能

炎症を抑え、潰瘍の治りを早くする作用や、傷ついた組織の修復を促進する作用があり、胃潰瘍や胃炎を治療するお薬です。

·用法及び用量

通常成人1日1.5~2.0gを3~4回に分割経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

·副作用

二重盲検比較対照試験を含む一般臨床試験1516例中、副作用(臨床検査値の変動を含む)が報告されたのは、11例(0.73%)であった。

症状は、便秘、下痢、嘔気等で、いずれも重篤なものではなかった(再評価結果時)。

·医薬情報は諸情報を編集・加工したものです。当情報は自己責任においてご利用下さい。

·病気の治療や薬の服用をされている方は、かかりつけの医師、薬剤師にご相談下さい。