環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

腎臓(IGA)

腎臓・尿路検査

脂肪検査

貧血

(赤血球)

(血色素)

(ヘマトクリット)

静脈瘤

心筋梗塞

多血症(真性多血症)

腓腹筋内側頭部(筋肉膜)分断裂

歯槽膿漏

エイズ(HIV)

筋肉の名称

脊柱

腓腹筋

手の神経切断

血色素 基準範囲 

血色素 基準範囲 

血色素とは血色素とヘモグロビンは同じ意味。へモグロピンのほうがすでにおなじみかもしれません払これは赤血球の中にあるヘムという鉄とダロビンというたんばく質が結びついたもので、これが簡素の運び屋さんの役目を果たします。血液が赤いのは、このへムに赤い光を吸収する性質があるためです。

略語の説明

Hbはhemoglobin(ヘモグロビン)の略語です。 

施設による基準範囲のばらつき施訂こよっては男性は13~I8g/dl、女性がIl.5~16g/dlの間で少しずつのばらつきがあります。 

♦少なくても多くても問題か

赤血球数と同じように少ない場合は貧血、多い場合 (18g/dl以上)は多血症の疑いとなります。しかし、多いことはごくまれです。貧血の場合はヘモグロビンが少ないという結果が出ます。鉄欠乏性貧血では、赤血球数の減少に比べてこのヘモグロビンの減少がいちじるしいのが特徴です。なお、妊娠中と高齢者は減るので、この場合の基準 範囲の下限はIIg/mdlとしています。