環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

腎臓(IGA)

腎臓・尿路検査

腎臓検査結果事例

脂肪検査

貧血

静脈瘤

心筋梗塞

多血症(真性多血症)

腓腹筋内側頭部(筋肉膜)分断裂

歯槽膿漏

エイズ(HIV)

筋肉の名称

脊柱

腓腹筋

手の神経切断

腎炎発症のメカニズム

腎臓病構造は複雑で解明されていないことが多く、今後さらなる研究が必要な臓器である

♦腎炎になりやすい人は、病原体に対して過敏に反応して、たくさんの抗体を作りやすい体質をもっています。これは一種のアレルギーとも考えられ、。実際に、花粉症やアレルギー性鼻炎を併せて持っている人もたくさんいます。

♦病原体がおもに口・鼻あるいは食物に混ざって入り込んで、かぜ症状をおこします。発熱・のどの痛み・せきたん。下痢(げり)などをおこし、咽頭(のど)、肺、腸などで繁殖します。

♦病原体あるいはその一部が抗体(IgA)と結合します。病原体の繁殖が少なければ、その場所で抗体に殺されてしまいますが、繁殖が強いと一部は血液の中に入って、腎臓まで流れ着きます。腎臓の中の尿をろかする膜に引っかかって、そこにたまります。

糸球体腎炎のメカニズム