環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

腎臓(IGA)

腎臓・尿路検査

腎臓検査結果事例

脂肪検査

貧血

静脈瘤

心筋梗塞

多血症(真性多血症)

腓腹筋内側頭部(筋肉膜)分断裂

歯槽膿漏

エイズ(HIV)

筋肉の名称

脊柱

腓腹筋

手の神経切断

尿たんぱくの基準範囲

腎臓病は一度細胞が壊れますと再生できないので早期発見と早期治療、特に大切なのが現状では大学病院をおすすめします。食事で現状維持となりますが、薬の処方が非常に重要です。間違えると悪化し糖尿病や透析に至ります。ちなみに腎査で細胞を調べますが、腎査の経験が豊富な先生を探しましょう。

5年くらいですが・・・

「IgA腎症にかかったら、ずっと病気の勢いが続いて、一生薬おを飲まないといけないんですか?→「良い意味でも、悪い意味でも15年くらいで決着」・・・

15年以上前には、IgA腎症に対してステロイドを使うことはあまりありませんでした。つまり、有効な治療法はなかった。

患者さんの経過からすると、だいたい21~23歳頃に発病して、病気の勢いが強い患者さんでは、15年後の37歳前後に透析に導入されるという、だいたい一定のパターンを示しています。

でも、45歳を越えてから透析に導入される人は全体の5%以下とわずかで、そのほとんどは高血圧のコントロールが十分でない方でした。つまり、高血圧によって腎臓の血管を痛めて、いわゆる腎硬化症を合併したために腎臓を悪くしていました。45歳以上では、むしろ、IgA腎症の活動性はほとんどなくなっていたのです。