環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

腎臓(IGA)

腎臓・尿路検査

腎臓検査結果事例

脂肪検査

貧血

静脈瘤

心筋梗塞

多血症(真性多血症)

腓腹筋内側頭部(筋肉膜)分断裂

歯槽膿漏

エイズ(HIV)

筋肉の名称

脊柱

腓腹筋

手の神経切断

尿比重の基準範囲 

日常生活の尿の成分、色、臭いである程度は腎臓の健康を確認することが出来ます

比重とは尿はまただの水ではなく、尿素や窒素やナトリウムなどの電解質が含まれているので水より重く、健康であればだいたい1.015前後を中心としてかなりの幅をもって変動しています。ただし腎不全でまったく尿管機能がなくなると、この比重が1.015ありで継続して固定されたり、病気があると、高すぎたり、低すぎたりします。  

施設による基準範囲のばらつき 1.005~1.025くらい。病気が疑われるのはI.005以下とI.030以上です。

♦低いとなんの疑いがあるのか

低いということは腎臓での尿を濃くする能力が弱いということで慢性腎不全や脳下垂体ホルモンの異常の尿崩症などの疑いがあります。

♦高いとなんの疑いがあるのか

高いということは尿の濃縮が過剰ということですから、脱水や糖尿病が疑われます。