環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

腎臓(IGA)

腎臓・尿路検査

腎臓検査結果事例

脂肪検査

貧血

静脈瘤

心筋梗塞

多血症(真性多血症)

腓腹筋内側頭部(筋肉膜)分断裂

歯槽膿漏

エイズ(HIV)

筋肉の名称

脊柱

腓腹筋

手の神経切断

尿PH 基準範囲

尿は色と臭い、泡の量に注意し市販のリトマスの利用もおすすめです

読み方 尿ピーエッチ。昔、PHはペーハーと呼ぶのが普通でしたが、これはドイツ語読み、現在では英語読みてピーエッチと呼びます。 PHとは水素イオン濃度のこと。これを調べることで酸性(7以下)かアルカリ性(7以上)かが判断できます。血液は普通7.4くらいで弱アルカリ性ですが、尿は普通弱酸性で7以下のことが多いのです。そのためこれを調べて病気をチェックします。

♦数値はどこからが異常か

pH7が中性で、それより数値が高い場合をアルカリ性というのですが、PH8以上のアルカリ性になると、腎孟腎炎、膀胱炎、急性腎不全、ホルモンの病気、古い尿を検査した場合、などが疑われます。

♦野菜の食べすぎは問題がないか

確かに野菜などを多量に食べると、尿はアルカリ性になることがあります。また、重曹などの胃薬を飲んでいる人も、腎臓などに病気がなくてもアルカリ性尿が出ることが知られています。