環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

霧島神社 きりしま(旧村社)

際神:伊ざ諾尊(いざなきのみこと) 伊ざなみ尊(いざなみのみこと)

鎮座地:日南市大字板敷字ぐみきの木五五一六番地の一

例祭日:旧暦三月十六日

社殿:

本殿(流造) 四坪

拝殿(切妻造) 六坪

境内坪数:八七・七坪

創立年月日:弘仁十年(八一九)と伝える

由緒沿革

当社のご縁起、勧請の記文は、両社号をロ称するのみ、幾年を知らずという古文書があり、それによると、寺尾にあった山王宮は御形銀座、山上にある霧島大権現は御形鉾座也という。これはご神体を記したもので、「淡路国滋賀郡日吉の神始に彼山に顕て一切諸民守護の王となる」と文書もあり、弘仁十年始めて勧請、とも称している。山王宮の宮跡は今も残っているが、いつ合祀されたのか不明。

山上の宮は現在、通称乱杭野という日南市内の飫肥、吾田、油津を一望に見おろす山上に鎮座しているが、元宮は、さらに奥の高い山 上にあったものを現在地におろしたものという。日南地方では、山上の霧島さまは、子供の神様として崇敬され、この宮は、大正年間、悪性の感冒が流行した後から参詣者がふえ、現在でも、例祭には、気候のよい時期でもあり、近郊から子供を連れた登山参拝者が多い。