環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

 

益安神社 ますやす(旧村社)

祭神:髪長姫命(かみながひめのみこと)

鎮座地:日南市大字益安三三三一番地

例祭日:十一月八日

社殿:本殿(流造)

拝殿(権現造)九坪

境内坪数:七四七坪

創立年月日:不詳

由緒沿革

神社明細帳に、由緒詳ならすといえども、和銅年中創建の神社なりとして、祭神があげられている。『日向地名録』によると、益安村の中央の山麓にあり、本村南隅の田の中にあった旧称髪長、伊勢大神宮、高佐山(現在高砂城山と表記)の西北、字銀杏の旧称大将軍の二社を明治五年ともに遷座して合祀し、いまの名に改めたという。また同書は、『飫肥伝説録』から引用し、天文年間、伊東義拓が、島津兵と戦った高佐城砦址は、益安村に○立した山の上に陣どった所で、景行天皇熊襲征伐のときご駐○の蹟と伝う、と述べている。それによると、「下の方に髪長姫の○あり、姫は益安に生れ、天皇に奉仕したり。それに続いて伊勢神宮あり、ご駐○中の遥拝所なりLとぞ云々」。『日本書紀』には、応神天皇がめされた諸県君牛諸井の娘に類似の名もあるが、景行天皇には、次妃日向髪長大田根(ながおおたね)との間に日向襲津彦皇子(ひむかのそつびこのみこ)がある。

天皇の十二年十l一月熊襲征伐のための日向国に行宮、高屋宮をたてられ六年間おられた。隣り地区の神田に、襲津彦皇子を祭った皇子権現があり、この地区の伝説とつながっている。