環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

 

熊谷神社 くまや(旧村社)(旧村社)

祭神:

景行天皇(けいこうてんのう)

稲田太郎媛(ちだたろうひめ)

鎮座地:南市大字隈谷甲一〇一五番地

例祭日:十一月十二日

杜殿:本殿(流造) 五・六坪

拝殿(入母屋造)一一坪

境内坪数:六二四坪

創立年月日:不詳

由緒沿革

勧請年月は不明だが、和銅年間(七〇八- 七一五年)の創建と伝えられている。『日向地名録』は、『飫肥伝説録』から引用し、益安に生れ、景行天皇に仕えた髪長姫を祭る桐、遥拝所跡という伊勢神宮があることを伝え、「西一里余にして熊谷村あり。昔熊襲の棲みし谷なりといえり。そのほか熊襲が降せし所」という熊陣の名を紹介している。この伝説と、祭神がどうかかわるかは詳らかではないが、『日本書紀』によると、景行天皇は、その十二年、七月熊襲がそむいたため筑紫にみゆきされ、十一月には、日向国に行宮、高屋宮をたてられ、六年おられたとある。