環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

 

中村神社 なかむら(旧村社)

祭神:

神天照皇大神(あまてらすおおみかみ)

天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)

天津彦火火に々杵尊(あまつひこほほのにこぎのみこと)

彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)

鵜が草茸不合尊(うがやふきあえずのみこと)

神倭磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)

たく幡千々姫命(たくはたちちひめのみこと)

木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)

豊玉姫命(とよたまひめのみこと)

玉依姫命(たまよりひめのみこと)

吾平津姫命(あびらつひめのみこと)

配祀

鵜が草茸不合尊(うがやふきあえすのみこと)

伊ざ諾命(いざなきみこと)

伊ざなみの命(いざなみのみこと)

彦火々出見尊(ひこほほでみのみこと)

底筒男命(そこつつおのみこと)

中筒男命(なかつつおのみこと)

表筒男命(うわつつおのみこと)

鎮座地:南那珂郡南郷町大字中村字穴ノ前甲四八一一番地

例祭日:十一月二十八日

社殿:本殿(入母屋造)一〇・五坪

拝殿(入母屋造)一六・五坪

境内坪数:二、五五六坪

創立年月日:和銅元年(七〇八)戊申

由緒沿革:

島津氏、伊東氏が、永年にわたって戦い、城には伊東祐兵より祐○にいたる墓が残っている南郷城址の西麓にあり、旧称を八社大明神といい、南郷八つの宮の総社として、島津氏が飫肥を領した時代から、士民崇敬の名社だった。元文二年(一七三七)飲肥藩主伊東祐永(二十四代)が再興、社領六石四斗、例祭日には流鏑馬二頭を走らせ賑わったという。

明治五年、村内の行騰大権現、潮屋権現、輿ノ御前の三柱の神を遷座し、ここに合祀し、今の名に改められた。同四年郷社、五年村社となり、明治四十年二月、神○幣○料供進指定神社となる。明治四十五年六月、地区内の字文政甲の鵜奈手森神社(祭神、○○草茸不合尊)、字迫田の船岡神社(祭神、住吉三神)を合祀した。

境内末社二社、三嶋神社祭神 山祇神、稲荷神社 祭神、 御年神、倉稲魂いのち