環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

むかはぎ神社(旧無格社)

祭神:

伊ざ諾命(いざなきのみこと)

伊ざなみ命(いざなふのみこと)

猿田彦命(さるたひこのみこと)

玉依姫命(たまよりひめのみこと)

配祀

事代主神(ことしろぬしのかみ)

菅原公(すがわらこう)

鎮座地:南那珂郡南郷町大字中村字下栄松乙四一一七番地

例祭日:旧暦九月九日

社殿:本殿(入母屋造)九坪

拝殿(切妻造)一六・五坪

境内坪数:七九坪

創立年月日:天徳三年(九五九)九月

由緒沿革:

寛永八年(一六三一)二月、神主鈴木市正重国威という人の日之御崎神社の「由緒記」による創立年数によるもので、地浦(現外浦)に玉依姫、栄松側に行勝大権現を勧請、水門柱の守護神として祀られて来た。日之御崎神社でも、創立の年が古すぎるという県史績調査の結果を述べたが、祭神も、延岡の行膝神社とは伊井再命が共通するだけである。玉依姫命が、いつから合祀されることになったのかもはっきりしない。『日向地誌』によると、明治五年、村内の八社大明神に行○大権現など三社を合祀し、中村神社と名を改めたという。その後、いつ行○大権現が、もとの社に再遷座されたのかもわからない。

境内末社に恵美須神社(祭神、事代主神)、天満神社(祭神、菅原道真公)がある。