環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

大藤神社 おふじ(旧村社)(旧村社)

祭神: 

大己貴神(おおなむちのかみ) 

保食神(うけもちのかみ)

鎮座地:南那珂郡北郷町大字大藤甲二二一八番地
v例祭日:十一月十五日

杜殿:本殿(流破風造)

境内坪数:四・五坪

創立年月日:不詳

拝殿(切妻造)九坪

由緒沿革:

『日向地誌』によると、旧大藤村には村社が四座あった。尾崎の今宮大明神、釘の尾の宇佐八幡、鳥の御崎大明神、梶原大谷の高専大明神がそれで、明治五年、四座の神社を現在地の大藤の中央に遷座合祀された。その後の調べによると、天正二年以前に今宮大明神が創建されたことは明らかで、当時島津との攻防を続けていた伊東義祐(三位入道)が田代大覚なるものを今宮大明神の大宮司として以来、田代家が代々にわたって明治維新まで、宮司として奉仕していたという。ところが、合祀の後、大藤神社に備付けていた由緒書、棟札などは、故意か、事故か分らぬまま焼けたため、合祀の祭神も、不明のままとなっている。