環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

三島神社 みしま(旧村社)

祭神:

大国主神(おおくにぬしのかみ)

大山祇神(おおやまつみのかみ)

合殿

八十禍津日神(やそまがつひのかみ)

大禍韓日神(おおまがつひの)

神直日神(かむなほびのかみ)

底津海童神(そこつわたつみのかみ)

中津海童神(なかつわたつみのかみ)

表津海童神(うはつわたつみのか)

底筒男神(ふそこつつおのかみ)

中筒男押(なかつつおのかみ)

上筒男神(うわつつおのかみ)

鎮座地:日南市大字下方字本町四五八六番地のイ号

例祭日:十一月十五日

社殿:本殿(流造)一〇・五坪

拝殿(入母屋造)二九坪

境内坪数:四二一坪

創立年月日:寿永元年(一一八二)

由緒沿革:

古記録によると、寿永元年壬寅の創立で、享保五年(一七二〇)十一月十五日、既肥藩主伊東家の産土神三島神社(伊豆国田方郡三島町鎮座)の祭神大山紙神の分霊を奉持して、隣村外浦港に上陸、古来大堂津に三島の森といわれていた鎮守の社に、勧請されたという。

寛、水年間奉納の石燈寵と寛文二年ご造営の棟札が残っており、享保以前にも、ご造営があったことが明らかである。享保の勧請後は開運勝利の神として藩主の尊崇篤く、参勤交代の往路、帰路には必ず立寄り、毎年例祭には三石六斗の寄進があり、藩主の代拝を待って祭りが行われていた。

その後造営は宝暦三年(一七五三)九月、文化十二年(一八一五)九月と重ねられた棟札が残っており、改築修理は全部伊東藩主においてなされていた。明治の始め内門町の大火により社殿が焼失したが、藩主・氏子の協力により再興された。明治四十年二月、神○幣○料を供進すべき神社に指定され、大正九年二月村社に列せられた。

末社には恵美須神社(祭神、事代主神)稲荷神社(祭神、保食神)があり、御旅所の住吉神社は昭和五十五年に復元新築した。現在では、大堂津漁港を守る海の守護神として、氏子七百余戸により崇敬されている。秋の例祭のほか、夏の神事祭には、獅子二頭舞が出て賑わう。