環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

伍社神社 ごしや (旧無格社)

祭神:

句句廼馳神(くくのちのかみ)

軻遇突智神(かぐつちのかみ) 

埴山姫神(はにやまひめのかみ)

罔象女神(みすはのめのかみ)

金山彦神(かなやまひこのかみ)

塩土姥翁(しおつちのおきな)

鎮座地:南那珂郡南郷町大字中村字小島八八七番地の乙

例祭日:十一月二十一日

社殿:

本殿(流造) 四坪

拝殿(入母屋造)一二・五坪

境内坪数:七九坪

創立年月日:不詳

由緒沿革

社伝によると、妖肥藩主伊東祐久が慶安三年(一六五〇)外ノ浦の埋立て工事を進めた際、堤防の人柱に選ばれたシヲという女性の霊を祭った潮屋権現を改称して伍社神社となった。『県史蹟調査第六輯』によると、伊東祐兵が飲肥に封ぜられた当初は、二万八千石を、次々に検地して五万七千余石となったために、領土をふやす新田開拓として祐久のとき姥防工事が決行されたもので、このときの埋立工事は、『日向地誌』 によると、地元の松田理右衛門の建議で、脇元村界の尾崎から潮屋権現の森まで長さ三町五十九間、また潮屋権現から天ノ越の岡麓まで長さ一町五十四間、堤防をきずいた。この建議者の名により松田堤の名が付けられたという。堤防建設の途次、風波のため、しばしば破壊されたので、人柱選びとなったもので、そのシヲという女性の霊を慰めるため潮屋権現として祀ったという。しかしそのシヲなる女性の身元も、伍社の祭神である、木、火、土、水、金属の五神に、海幸彦、山幸彦の神話とも蘭わりがある塩椎神(塩土姥翁の別名で、塩の神様)が、どうして祀られたかも、明らかでない。また、『日向地誌』 は、明治五年潮屋権現ほか二社が、中村神社に合祀されたと記録しているが、再遷座のことも、はっきりしないままである。境内にシヲさんの墓碑が残っており、社殿は昭和十二年に改築された。