環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

潟上神社 かたが(旧柑社)

祭神:

大山つみの神(おおやまつみのかみ)

石長比売命(いわながひめのみこと)

大己貴神(おおなみちのかみ)

三穂津姫命(みほつひめのみこ)

倉稲魂神(うかのみたまのかふ)

少彦名神(すくなひこなのかみ)

鎮座地:南那珂郡南郷町大字潟上二四二六番地

例祭日:十一月十日

社殿:本殿(切破風造)九坪

拝殿(破風造)一四坪

境内坪数:二七二坪

創立年月日:和銅三年(七一〇)庚戊と伝える

由緒沿革:

旧称川上大明神と称し、南郷八宮の一つとして藩主、地元民の崇敬あつかった。永正十五年(一五一八)、飫肥領主島津忠朝、息忠広が社奉行阿多忠全、修造奉行牧瀬秀連に黄鐘、廿日宝殿を再興させた。その後、延宝八年(一六八〇)日高久衛門盛房なるものが中心になり、地元民を説いて社殿を再興した。その後も軍水十二年(一六三五)と、明暦二年(一六五六)に社殿ならびに稲荷社の改築が行なわれてきた。その後、末社の記録はないが、本殿に配祀されたものとみられる。藩政時代は社領田の寄進を受けていたが、明治維新で廃止され、明治五年に社名も現在名に改められ、明治四十一年、神○幣○料供進神社に指定された。