環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

山之神神社 やまのかみ(旧無格社)

祭神:大山つみ神(おおやまつみのかみ)

鎮座地:南那珂郡南郷町大字中村字追留久保七五六五番地

例祭日:十一月十六日

社殿:本殿(入母屋造)一・五坪

拝殿八坪

境内坪数:二八坪

由緒沿革:

創立年代は不詳だが、日南海岸国定公園内では最大の大島の産土神として崇敬されている。臼井津の沖合約三㌔の島で、もと無人島だった。『日向地誌』によると、天保五年(一八三四)飲肥藩主伊東祐柏が埠頭工事をしたが、すぐ荒波でこわれ、弘化のころまでは藩の畜牧場として良馬を慶した。牛馬の守護神として祀られたものだが、嘉永の初めから牧を廃止し、農民を移して荒蕪地を開墾させたという。臼井津から船で十五分、大島荒平崎西岸は、海中公園の一つになっている。氏子数二十五世帯。