環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

日之御崎神社 ひのみさき(旧村社)

祭神:素さの鳴命(すさのおのみこと)

玉依姫命(たまよりひめのみこと)

鎮座地:南那珂郡南郷町大字潟上字地浦六三番地

例祭日:十月十五日

社殿:

本殿(流造)四・五坪

拝殿(流造)九・五坪

境内坪数:五一〇坪

創立年月日:天徳三年(九五九)九月

由緒沿革:

村上天皇の天徳三年九月、押領司土持蔵人栄雅に勅して、飫肥院の内、外浦に十八戸の人々を移住させ、行膝大権現、玉依姫の二柱を勧請して、栄松、外浦水門柱の守護神とした、という旨の寛永八年(一六三一)二月九日、神主鈴木市正重国威なる古文書が伝わっている。『県史蹟調査第六輯』によると、「外之浦港埋立工事」の部で、この由緒記の時代については「悉く信を置くに足らず」とし、勧請された行燥三所権現が熊野信仰の伝播の時期からみて十二世紀後半の勧請、とみられているところから、創建の時代は、天徳より後とみられる。当時から海上安全、日和、安産の神として信仰篤く、天正九年(一五八一)島津義久が忠朝に命じて隈谷庄の二反九畝を神領として寄進、飫肥が伊東領となってから、天正十八年(一五九〇)河崎駿州が命ぜられて再興し、文録三年(一五九四)には河崎洞入道が再興、その後改築を重ね、明治になってからは三十五年に社殿を改築された。日

之御崎三宝荒神として、地元民の崇敬が篤い。棟札は八枚保存されている。