環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

大矢取神社 おおやどり(旧村社)

祭神:少彦名命(すくなひこなのみこと)

鎮座地:串間市大矢取一六四番地

例祭日:十月二十二日

社殿:

本殿(流破風造) 二坪

拝殿(入母屋造)一〇坪

境内坪数:一一三坪

創立年月日:不詳

由緒沿革:

『高鍋藩寺社帳』によると若一王子権現(現大矢取権現)は本地十一面観音、祭神は少彦名命で、永正二年(一五〇五)乙丑盛泰再興とある。明治五年、村社北神社へ合祀されたので、社殿はそのまま保存され、大神宮ならびに北神社の遥拝所と定められた。しかし、地元氏子の強い請願により、明治十五年復社が認められ、十二月復旧遷座された。社殿はその後、修復が重ねられて来たが、昭和五十六年、神社を新築造営し、崇敬の誠をつくしている。

『日向国神祇史料』によると、祭神二座とあり、明治五年、北神社に合祀されたときの祭神は、『日向地誌』では大山咋命があげられている。