環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

福島護国神社 ふくしまごこく(旧官社招魂社)

祭神:

松田充平次命(まつだじゆうへいじのみこと)

橘貞克命(たちばなさだかつのみこと)

松田平左ヱ門命(まつだへいざえもんのみこと)

橘貞行命(たちばなさだゆきのみこと)

深江助九郎命(ふかえすけくろうのみこと)

大蔵谷方行命(おおくらだにまさゆきのみこと)

鎮座地:串間市大字西方四〇六六番地

例祭日:十月十五日

杜殿

本殿(流造)〇・五坪

拝殿

六坪

境内坪数:三四五坪

創立年月日:不詳

由緒沿革:

明治元年戊

辰奥羽の役に戦死した福島出身の高鍋藩士三人、松田充平次(八月越後山熊田で戦死二十六歳)松田平左衛門(七月新潟で銃創を負い五年二月死去、三十七歳)深江助九郎(松田充平次と同日岡場所で銃創を負い、翌二年十月死去三十三歳)を、剣城の塚と呼ばれる前方後円墳の頂上に埋めて祭った。

三人の墓もある。古墳であることが地元でよく知られなかったので、ここに祭られることになったもので、官祭の招魂社、靖国神社の分霊として例祭が行われ、のち護国神社となっている。