環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

塚田神社 つかだ(旧村社)

祭神:

大山○命(おおやまつみのみこと)

天御中主命(あめのみなかぬしのみこと)

磐土命(いわつちのみこと)

大直日命(おおなおぴのみこと)

底土命(そこつちのみこと)

大綾津日命(おおあやつひのみこと)

赤土命(あかつちのみこと)

中筒男命(なかつつのおのみこと)

鎮座地:日南市大字塚田字東二七三七番地

例祭日:十一月十五日

社殿:

本殿(流造) 九坪

拝殿(入母屋造)一二坪

境内坪数:二、六二五坪

創立年月日:不詳

由緒沿革:

勧請の年月は明らかではないが、所蔵の棟札に天正十一年(一五八三)大壇藤原忠広……大蘇主鎌田丹後守、云々とあり、妖肥城主島津忠広が、伊東義祐(三位入道)と戦いを繰り返していたころ、島津の支将が再興したものとみられる。また旧称を早馬大明神といい、地区古老の話によると、当社境内を万山の嶺と称していた。島津の支将、樺山安芸守が榎原村字大窪の男鈴山(標高七百八十三㍍)に鎮座する鈴嶽神社に参籠祈願し、名馬「早馬」に乗って塚田村に至る途中病死したので、塚田神社境外に葬った。この故事にもとずき、ここを早馬崎といい、お宮も早馬大明神と称していた。島津氏が支配していた時代は、樺山安芸守の木像を本殿に安置し、太刀を奉納するなど、神社の造営、維持に当り、伊東氏になってからも神領として田五反五畝余を寄進して来た。明治四年塚田神社と名を改め、塚田百六十戸の総氏神として崇敬されている。