環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

稲荷神社 いなり(旧村社)

祭神:

倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

大田命(おおたのみこと)

大宮売命(おおみやのめのみこと)

鎮座地:串間市大字崎田字五反田一八二五番地

例祭日:十一月二十二日

社殿:

本殿(流造) 四坪

拝殿(切妻造)八坪

境内坪数:四四七坪

創立年月日:不詳

由緒沿革:

社伝によると、櫛間の玉木崎(現崎田)に住んでいた安部仲磨呂の末裔利久というものが、稲荷神社を氏神として祀り尊信していた。

櫛間に下向していた三条小鍛冶に業を習っていたとき保元元年(一一五六) 二月、ある夜、自狐が夢枕に立ち「信田ノ森ノ誓ヲ云々」 の神験があり、家人だけでなく、一層尊信を深めていた。その子孫、森永平利時というものが、神道吉田家に請願し、正一位稲荷大明神の尊号の許可を得、埼田村の鎮守として、その後長く崇敬されて来た。明治六年の神社統合により、本城神社に一度合祀されたが、村民の強い請願により、明治十年九月、復旧が許可され、遷座された。明治三十九年神供幣吊料供進神社に指定された。