環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

上方神社 かた(旧村社)

祭神:

高皇産霊尊(たかみむすぴのみこと)

経津主命(ふつぬしのみこと)

保食神(うけもちのかみ)

応神天皇(おうじんてんのう)

鎮座地:日南市大字上方宮之元一一一〇番地

例祭日:十一月十五日

社殿:

本殿(流造) 六坪

拝殿(入母屋造)一二坪

境内坪数:二七二坪

創立年月日:享保五年(一七二〇)

『日向地名録』によると、もと村内にあった五社、天神、鎮大明神、八幡宮、北斗寺大権現、稲荷大明神を明治二年現在地に遷座、合祀し、上潟神社としたのを現在名に改めた。

創建は天神の宮の勧請による。『日向国神祇史料五』によると、明治四十二年四月、木之下神社(祭神、彦五瀬命)、霧島神社(祭神、伊弊諾命、伊井再命)、磐貫神社(祭神、磐長比売命)の三社をさらに合祀した。