環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

曹子神社 そうし

祭神

襲武媛命(そのたりひめのみこと)

国凝別皇子

国乳別皇子

小確命

例祭日 11月19日

社殿

本殿(流造) 7.5坪

殿(流造) 18.1坪

創立:永正3年(1506年)3月4日

由諸沿革

景行天皇の御代に熊襲が反いたため、天皇が親征され日向に6年おられたことが「日本書紀」に記されているが社伝によると、皇妃襲武媛命はお伴をされて内助の功をたてられた、皇妃並びに2皇子を祭神とする雑司権現は●札によると、後柏原天皇の永正3年3月建立され、西支弁分後河内、山下にあった。

同じく西弁分後谷堂山にあった荻原権現と2社とも安政6年(1859年)現在地に遷座●したという。

安産、子育ての神として、また開発の神として地在の住民尊崇が曹子とは部屋住みの弟子の意味だが「日本書紀」によると襲武媛の子は、国乳別皇子、国背別皇子l、豊戸別皇子、3人で国凝別皇子は高田媛との間の武国凝別皇子かと見られる。

小●命は稲日太郎媛との間の第2子で日本武尊の別名である。

「日向地誌」2社の合●を明治5年としている。

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし

鳥居はなぜか1段上の踊り場にある

曹子神社 そうし

1段目から2段目の鳥居をみた。

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし

曹子神社の正面

曹子神社 そうし

曹子神社の樹木

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし

曹子神社 そうし