環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

萩之嶺神社 はぎのみね(旧村社)

祭神:

五十猛命(いそたけるのみこと)

保食神(うけもちのかみ)

熊野くす日命(くまのくすひのみ)

鎮座地:日南市大字萩之嶺字東原二八四五番地

例祭日:十一月十四、五日

社殿:

本殿(流造) 三坪

拝殿(切妻造)一二坪

境内坪数:六二七坪

創立年月日:和銅二年(七〇九)

由緒沿革:

『日向地誌』によると、宮の原にあった鳥巣大明神は棟札に和銅二年の創建で、その後、妖肥藩主伊東祐兵が再建した。もと宮ノ尾にあり、中古耐廟が失火したため寺の馬場に遷座された有徳大明神には倉稲魂命が祭られていた。明治四年、この二神を的野の現在地に遷座し、いまの名に改められたという。『日向国神祇史料』には祭神はこのほか、次の二神があげられる。