環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

自然を守る神社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日南市の神社

愛宕神社 あたご(旧村社)

祭神:

か遇突智命(かぐつちのみこと) 

伊ざなきの尊(いざなきのみこと) 

伊ざなみの尊(いざなみのみこと)

建御名方命(たけみなかたのみこと) 

倉稲魂命(うかのみたものみこと)

鎮座地:日南市大字楠原三七〇〇番地

例祭日:十一月二十四日

社殿:

本殿(神明造)一七坪

拝殿(切妻造)一八坪

境内坪数:六四三坪

創立年月日:天正十七年(一五八九)

由緒沿革

伊○諾、伊○○尊の御子、○遇突智命は、またの名を火之夜芸速男神(ひのやぎはやおのかみ)ともいい、夜芸は焼、迦遇は光り輝く意味で、この火の神を主祭神とする。『日向地誌』によると、飫肥初代藩主伊東祐兵が天正十七年(一五八九)己丑十一月十四日に創建したもので、飫肥城址の真向いに当る愛宕山の現在鎮座地より、さらに山上にあったが、天保十四年(一八四三)○卯閏九月二十四日、藩主伊東祐相が遷座、社禄十二石を寄付したという。主祭三神のほかは、境内末社を配祀した。神社明細帳によると、境内に祖霊社があったが、明治四十二年七月、廃社となる。

旧飫肥町の楠原の鎮守神として、子供が生まれると初詣するのを常とし、藩政時代から火祈念として講でお参りし、いまでも代表が、一年の火除けを願う講組織もまだ近郊農村に残っている。広渡川支流の酒谷川をへだてて前鶴地区があり、遥拝所があったが、昭和五十九年前鶴橋が完成、参詣に便利になった。