環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

世界の恐竜発見史

中国の恐竜発見史

恐竜の先祖

恐竜の起源北米の恐竜時代

鳥の翼

草食恐竜の巣、多数発見

ミクロラプトル

 

 

 

 

 

 

鳥の翼

恐竜の絶滅からエコロジーを思う!

ワトリの翼にある3本の指は、人間で言えば人さし指、中指、薬指に当たると考えられてきたのは間違いで、鳥類の祖先とされる恐竜の前足と同じ親指、人さし指、中指だと分かった。東北大の田村宏治教授らが指の形成過程を詳細に分析し、11日付の米科学誌サイエンスに発表した。

発生生物学の教科書を書き換える研究成果で、最古の鳥類「始祖鳥」の化石発見以来、150年間にわたる論争に決着がついた。

田村教授は「化石の研究では鳥類の恐竜起源説が有力だったが、発生生物学では翼の指が恐竜と違うとして否定する意見があった。20年以上研究してきて、この矛盾の謎がようやく解けた」と話している。

鳥類の祖先とみられる肉食性の獣脚類恐竜の前足は最初5本指だったが、薬指と小指が退化して3本指となった種が多い。ドイツの約1億5000万年前の地層から化石が発見された始祖鳥の翼も、親指から中指の3本とされた。

しかし、ニワトリの翼の指ができる様子を、足の親指から薬指までの4本と比べると、指の位置から人さし指、中指、薬指に見えるため、教科書にもそう書かれてきた。

ニワトリの胚は産卵後3日目ごろから指ができ始める。田村教授らが卵の殻に穴を開け、いずれ翼になる所を調べると、3本の指になる部分の位置が途中でずれることが判明。足なら薬指になるはずの部分を切り取って近くに移植しても、指にならなかった。このため親指、人さし指、中指だと結論付けた。 

鳥の翼、3本指の謎解明=親、人さし、中指と判明―恐竜起源説裏付け・東北大

時事通信 2月11日