環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

世界の恐竜発見史

中国の恐竜発見史

恐竜の先祖

恐竜の起源北米の恐竜時代

鳥の翼

草食恐竜の巣、多数発見

ミクロラプトル

 

 

 

 

 

 

草食恐竜鳥の翼

恐竜の絶滅からエコロジーを思う!

所草食恐竜の巣、多数発見=1億9000万年前、南ア地層―子育ての解明期待

時事通信 1月24日(火)5時6分配信

南アフリカの約1億9000万年前(ジュラ紀初期)の地層から、中型の草食恐竜「マッソスポンディルス」の巣が少なくとも10カ所見つかり、親や卵、胚の化石が多数発掘された。カナダ・トロント大などの国際研究チームが23日までに詳細に調査し、成果を発表した。
発見場所はヨハネスブルク南方のゴールデンゲートハイランズ国立公園。この恐竜は群れで繰り返し同じ場所に巣を作り、卵を産んだとみられ、

こうした行動が化石で確認された最古の証拠という