環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

♦夏・秋

ヤマイモ

サルトリイバラ

ツバキ

♦早春

ツクシ

タンポポ

ヨモギ

フキ

ゼンマイ

♦春

どくだみ

オオバコ

ヒルガオ

カラスノエンドウ

ツワブキ

ミツバアケビ

サンショウ

日南市のヒルガオ

名称 ヒルガオ
生育地 庭、平地、道路脇、土手など
分布 北海道、本州、四国、九州
花期
夏になるとアサガオに似た花を開く。午前10時頃、花を開き、夕方にはしぼんでしまう
採取時期 春~秋にかけて、出たばかりの芽、若いつる、若葉、花を採る
食べ方 採った若葉、若いつるは、アクを抜くために、塩少々を入れた熱湯でゆで、水に浸して、水を切る。料理は、お浸し、あえもの、花は酢のものや汁の実にする。
概要 夏の朝、露にねれて咲くのはヒルガオ。日中に咲くのはヒルガオ。強い日差しの中、淡いピンクの花びらを開く。庭や野原、川の土手、道路沿いなど日当たりのよい地面に芽を出してくる。つる性の多年草なので、芽が出るとどんどんつるが伸び始める。最初は這うように横に伸びて、だんだん高いものへと巻きついてゆく。左巻きにからみつくのが特徴である。葉は細長い矛のような形をしていて、互生する。
料理法 お浸し:採った若芽、若葉は塩少々を入れた熱湯でゆで、水に浸して、水を切り、しぼって皿に盛る。かつお節を天盛りにする。花の酢の物:花を根元から採り、酢を少し入れた熱湯でゆでる。酢を入れると花の色が美しい。小鉢に盛る。サラダ:花をとく水洗いし、サラダの飾りとしてつかえる。