環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

♦夏・秋

ヤマイモ

サルトリイバラ

ツバキ

♦早春

ツクシ

タンポポ

ヨモギ

フキ

ゼンマイ

♦春

どくだみ

オオバコ

ヒルガオ

カラスノエンドウ

ツワブキ

ミツバアケビ

サンショウ

日南市のカラスノエンドウ

名称 カラスノエンドウ
生育地 野原、やぶ、田畑のあぜ、道路脇、など、日当たりのよい地を好む。
分布 北海道、本州、九州、
花期
春~初夏
採取時期 若芽、若葉を春~初夏にかけて採る。四国や九州では3月頃から取れる。北海道、東北では4月~5月頃。
食べ方 若芽や柔らかい葉、茎を採って熱湯でゆでる。水にひたし、水を切って、お浸し、和え物にする。油いためにしても美味しい。若さやは天ぷらにしも美味しい。
概要 野原や河原、空き地に群生する野草で、大正時代、ドイツから輸入された飼育作物が野生化し、全国に広まった。秋に芽を出し、冬を越して春につるが伸びる二年草の植物で、一つの枝に葉が10~14枚、対になって並ぶ。小葉は小さな楕円形で、先が少しくぼみ、矢のような形(矢筈形)をしている。花はピンクで、マメ科らしく小さな可愛い花びらをつける。
料理法 お浸し:採ってきたばかりの若芽、若芽、若茎をよく洗い、ゆがき、水にさらす。よくしぼって水気をとり、皿にのせる。天ぷら:若葉、若茎を水洗いし、水気を切ってからうすくころもをつけて揚げる。煮豆:さやから種子を取リ出し、だし汁でよく煮る。