環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

♦夏・秋

ヤマイモ

サルトリイバラ

ツバキ

♦早春

ツクシ

タンポポ

ヨモギ

フキ

ゼンマイ

♦春

どくだみ

オオバコ

ヒルガオ

カラスノエンドウ

ツワブキ

ミツバアケビ

サンショウ

日南市のツバキ

名称 ツバキ
生育地 海岸沿いの低山
分布 本州、四国、九州、東北、中部地方では、ヤブツバキは主に太平洋側に分布し、日本海側の山間部や豪雪地帯ではユキツバキが分布する。
花期
東北では3月~4月、関東以西では1月~2月
採取時期 花期と同じ
食べ方 開きかかった蕾や開いた花をてんぷら、酢の物など。
概要 古くから庭木として愛好されてきた植物だが200をこす品種を持つ園芸種に対し野生のものがヤブツバキ。伊豆の大島をはじめ海岸沿いの暖かな土地に群生地が多く、青森県夏の椿は、最北のツバキの名所。約1万本のツバキが海岸沿いの丘に自生している。冬でもつやのある緑の葉を保つ常緑の高木。道明寺粉を蒸して、あんを包んだ餅を2枚の椿餅は、平安時代にも宮中の祭祀に用いられた。食用とするのは葉ではなく花の方。
料理法 てんぷら:開きかけた蕾や開いた花を摘み採り薄くころもをつけて揚げる。酢の物:花弁をむしりとってさっとゆがき、水にさらしてよく絞り三杯酢をかける。ほうれん草とツバキのお浸し:ゆがいて水にさらしたツバキの花弁と同じようにゆでたほうれん草を彩りよく盛り合わせ、お浸しにする。