環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

♦夏・秋

ヤマイモ

サルトリイバラ

ツバキ

♦早春

ツクシ

タンポポ

ヨモギ

フキ

ゼンマイ

♦春

どくだみ

オオバコ

ヒルガオ

カラスノエンドウ

ツワブキ

ミツバアケビ

サンショウ

日南市のツクシ

名称 ツクシ
生育地 山野、市街地
分布 北海道、本州、九州
花期

 

 

採取時期 3月~4月
食べ方 胞子を出す前の、若いものがよい.地上に出ている部分を根ぎわから摘み取る.胞子穂(頭部分)とはかまを取り、さっと湯通ししてお浸し、三杯酢などで食べる.フライパンで手早く炒め、醤油をつけて食べると野趣があり、ツクシ本来の素朴な味わいが楽しめる.ごまあえ、みそあえ、煮物などもよい。
概要 漢字で書くと土筆.早春の陽光を浴びて、ようやく柔らかくなり」始めた土の中から細筆のようにすいと伸びだす姿はほほえましく、親しみやすい.「つくし誰の子すぎなの子」とわらべ歌に歌われるようる.茎に、ツクシはスギナの胞子の名.全国的によく見られ、野高原や畑のあぜ、土手、道端などの日当たりのよい場所に生える.高さは10~20cm、頭に2~3cmの胞子穂をつける.茎の各節には鞘状の葉(はかま)がある.根茎は地中に長く這い、節から地上茎を出す。
料理法 お浸し/三杯酢:ツクシの胞子穂とはかまを取り除き、茎だけにしてさっとゆで、水にさらす.水をよく切って、からし醤油で食べたり、三杯酢であえて食べる.ツクシご飯:ツクシは、はかまと胞子穂を取り、さっとゆでる.湯揚げを粗切りにし、ゆでたツクシと一緒に醤油、みりんで煮る.塩、醤油などで薄味をつけた米を炊きあがる直前にツクシ、油揚げなどを入れて蒸らす.煮付け:はかま.胞子穂を取ってゆでたツクシを醤油、みりんなどで煮付ける.ほかの山菜や野菜と煮ても美味しい。