環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

♦夏・秋

ヤマイモ

サルトリイバラ

ツバキ

♦早春

ツクシ

タンポポ

ヨモギ

フキ

ゼンマイ

♦春

どくだみ

オオバコ

ヒルガオ

カラスノエンドウ

ツワブキ

ミツバアケビ

サンショウ

日南市のタンポポ

名称 タンポポ
生育地 野原、道端など
分布 セイヨウタンポポは北海道、本州、四国、九州。エゾタンポポは北海道、本州北部。関東タンポポは関東地方。関西タンポポは近畿地方以西。
花期
3月~5月
採取時期 3月~5月(葉は一年中)
食べ方 若葉はゆでて水にさらし、あえもの、お浸し、三杯酢で、生でてんぷらに。根は炒め物にしたり、乾燥させていり、ミキサーなどで粉末にすればコーヒーの代用にもなる。
概要 日本各地で育成するタンポポは約20種が在来種で、セイヨウタンポポなどが帰化植物として繁殖している.ニホンタンポポ(在来のカントウタンポポ、カンサイタンポポ、シロバナタンポポなどの総称)は近年激減し、都市近郊でみかけるのはほとんどがセイヨウタンポポである.ヨーロッパ原産のセイヨウタンポポは、明治初期に野菜として栽培されただけに、若葉、花、根と広く食用にされる。
料理法 若葉のごまあえ:タンポポの葉は一年中利用できるが、やっぱり若葉が良い.ゆでて十分水にさらし、よく水を切ってからごまとよくあえる.花のてんぷら:花の部分を摘み採り、生のまま高温の油でてんぷらにする.ころもはあまりつけすぎない.花のお浸し:花はあっさりゆでて水にさらし、お浸しに.若葉や茎のあえもの、お浸しの彩りに使うと、見た目にも春らしい雰囲気が漂う.タンポポコーヒー:タンポポの根の部分を陰干しし、乾燥したところでフライパンでいり、ミキサーなどで粉末にする.