環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

♦夏・秋

ヤマイモ

サルトリイバラ

ツバキ

♦早春

ツクシ

タンポポ

ヨモギ

フキ

ゼンマイ

♦春

どくだみ

オオバコ

ヒルガオ

カラスノエンドウ

ツワブキ

ミツバアケビ

サンショウ

日南市のどくだみ

名称 どくだみ
生育地 平地から山地までの道端や庭など。日陰の湿地に生える。
分布 本州、四国、九州(北海道にも薬用としてもちこまれたものが移入している)
花期
6月~7月
採取時期 北海道は6月、東北、中部地方は5月~6月、素の他の地域は5月、四国、九州は4月~5月
食べ方 若芽や葉を摘み採り、特有の臭みを消すためにたっぷりの湯でよくよでる。こまめに水をかえて半日ほどさらしておけば臭みがとれる。
概要 家屋と塀の間などのじめじめした場所や山野、道端、荒地などの日陰のやや湿ったところに生える多年草。数々の異名にも「毒」の字がつくが毒はなく、ジュウヤクという薬草としても知られ、切り傷や動脈硬化などに効く。ハート形と小さく密生する花を持つ。白い花弁に見えるものは花弁でなく総苞という飾り。分類学上、世界的に珍しい日本独自の花である。強い臭みがあるが、食用としても利用されている。
料理法 酢味噌あえ:みそを使うと臭みがカバーされるので、ゆでてよく水にさらしたドクダミをみそ酢、砂糖を加えたみそだれであえる。地下根の煮物:地下根は一年中いつまでも利用でき、細く切ってからよくゆがいて水にさらしたものに、だし汁、酒、醤油を加えて見つける。みそ汁ゆでてさらしたものをみそ汁に。