環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

♦今話題のコラム

小沢一郎は検察の2度の不起訴になったが、裁判員制度により、起訴相当になった。灰色であるから、怪しく起訴相当である。

<課題・問題点>

①推定無罪に反していないか?

裁判員の内容が不透明?

③平均年齢が30代?

④素人がプロ検察の2度の不起訴をくつがえしうた?

⑤小沢一郎は数十万の市民から選ばれているが、6名で裁判員で決定?

⑥裁判員に正確な情報は?

⑦マスコミの情報に左右?

などなど、国民の視線を取り入れることは良いが、改善する必要が多い。

一度は、小沢一郎の剛腕さを首相で見てみたい気がする。

経営者には人気があるが、マスコミの影響を受けている女性に人気がないようですが、これって「衆愚政治」?

 

 

 

 

 

裁判員制度

走り出した裁判員制度・・・

裁判員制度(さいばんいんせいど)とは、特定の刑事裁判において、有権者(市民)から事件ごとに選ばれた裁判員が裁判官とともに審理に参加する日本の司法・裁判制度をいう。

制度設計にあたっては、1999年7月27日から2001年7月26日までの間、内閣に設置された司法制度改革審議会によってその骨子、次いで意見書がまとめられた。

この意見書にもとづき、小泉純一郎内閣の司法制度改革推進本部が法案「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(通称:裁判員法)[3]」を国会に提出し、2004年(平成16年)5月21日成立。裁判員制度は同法により規定され、一部の規定を除いてその5年後の2009年(平成21年)5月21日に施行され、同年8月3日に東京地方裁判所で最初の公判が行われた。

日本独自の制度のため、法務省は英文でもsaiban-in systemとしているが、英語文献では専らcitizen judge systemと訳されている。lay judge system(直訳すれば「素人判事制度」)と意訳されるものもある。

裁判員制度は、日本に約1億人いる衆議院議員選挙の有権者(市民)から無作為に選ばれた裁判員が裁判官とともに裁判を行う制度で、国民の司法参加により市民が持つ日常感覚や常識といったものを裁判に反映するとともに、司法に対する国民の理解の増進とその信頼の向上を図ることが目的とされている。

裁判員制度が適用される事件は地方裁判所で行われる刑事裁判(第一審)のうち殺人罪、傷害致死罪、強盗致死傷罪、現住建造物等放火罪、身代金目的誘拐罪など、一定の重大な犯罪についての裁判である。例外として、「裁判員やその親族に危害が加えられるおそれがあり、裁判員の関与が困難な事件」は裁判官のみで審理・裁判する(法3条)。被告人に拒否権はない。

裁判は、原則として裁判員6名、裁判官3名の合議体で行われ、被告人が事実関係を争わない事件については、裁判員4名、裁判官1名で審理することが可能な制度となっている(法2条2項、3項)。

裁判員は審理に参加して、裁判官とともに、証拠調べを行い、有罪か無罪かの判断と、有罪の場合の量刑の判断を行うが、法律の解釈についての判断や訴訟手続についての判断など、法律に関する専門知識が必要な事項については裁判官が担当する(法6条)。裁判員は、証人や被告人に質問することができる。有罪判決をするために必要な要件が満たされていると判断するには、合議体の過半数の賛成が必要で、裁判員と裁判官のそれぞれ1名は賛成しなければならない。以上の条件が満たされない場合は、評決が成立しない。

なお、連続殺人事件のように多数の事件があって、審理に時間を要する長期裁判が考えられる場合においては複数の合議体を設けて、特定の事件について犯罪が成立するかどうか審理する合議体(複数の場合もあり)と、これらの合議体における結果および自らが担当した事件に対する犯罪の成否の結果に基づいて有罪と認められる場合には量刑を決定する合議体を設けて審理する方式も導入される予定である(部分判決制度)。

裁判員制度導入によって国民の量刑感覚が反映されるなどの効果が期待されるといわれている一方

国民に参加が強制される(拒否権がない)

志願制ではないため、有権者全員に参加する機会が得られない

国民の量刑感覚に従えば量刑がいわゆる量刑相場を超えて拡散する

公判前整理手続によって争点や証拠が予め絞られるため、現行の裁判官のみによる裁判と同様に徹底審理による真相解明や犯行の動機や経緯にまで立ち至った解明が難しくなるといった問題点が指摘されている。裁判員の負担を軽減するため、事実認定と量刑判断を分離すべきという意見もある。

対象事件1.死刑又は無期の懲役・禁錮に当たる罪に関する事件(法2条1項1号)

2.法定合議事件(法律上合議体で裁判することが必要とされている重大事件)であって故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪に関するもの(同項2号)

例えば、外患誘致罪、殺人罪、強盗致死傷罪、傷害致死罪、現住建造物等放火罪、強姦致傷罪、危険運転致死罪、保護責任者遺棄致死などが地方裁判所の受理する事件である[6](一覧[7]参照)。なお、裁判員制度は刑事裁判第一審(地裁が管轄)に対応するので、高裁が第一審の管轄である内乱罪は対象外となる。事件が控訴されても(控訴審)、裁判員は関与しない。

ただし、「裁判員や親族に対して危害が加えられるおそれがあり、裁判員の関与が困難な事件(裁判員法3条)については、対象事件から除外される。被告と家族や関係者による報復が予期される暴力団関連事件などが除外事件として想定されている。

対象事件はいずれも必要的弁護事件である。最高裁判所によれば、2005年に日本全国の地方裁判所で受理した事件の概数111,724件のうち、裁判員制度が施行されていれば対象となり得た事件の数は3,629件で、割合は3.2%とされている。

制度施行前のモデルケースとされた事件広島小1女児殺害事件

新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件

江東マンション神隠し殺人事件

大昔に発生した指名手配犯がいる事件公訴時効が停止している大昔の対象事件が起訴された場合は裁判員裁判の対象となる。例として以下の事件の指名手配犯がいる。

1970年によど号ハイジャック事件に関与したよど号グループの小西隆裕・魚本公博・若林盛亮・赤木志郎(強盗致傷罪等)

1971年11月に渋谷暴動事件に関与した中核派の大坂正明(殺人罪等)

1972年5月にテルアビブ空港乱射事件に関与した日本赤軍の岡本公三(殺人罪等)

1977年9月にダッカハイジャック事件に関与した日本赤軍の坂東国男・佐々木規夫(ハイジャック防止法等)

1995年2月に目黒公証人役場事務長拉致監禁致死事件に関与したオウム真理教の平田信(監禁致死罪等)

1995年3月に地下鉄サリン事件に関与したオウム真理教の高橋克也・菊地直子(殺人罪等)

ただし、これらのような公安事件は前述の裁判員法3条の「裁判員や親族に対して危害が加えられるおそれがある」として対象から除外され、起訴されても裁判員裁判にならない可能性がある。

制度施行直前に起訴された事件世間から注目された事件の中には2009年5月21日の裁判員裁判施行の直前に起訴された事件もあるが、一部の事件は駆け込み起訴と批判をされた。

2009年3月26日起訴 - 元厚生事務次官宅連続襲撃事件

2009年4月17日起訴 - 東金市女児殺害事件

2009年4月29日起訴 - 舞鶴高1女子殺害事件

2009年5月13日起訴 - 蘭越母子殺傷事件

裁判員裁判における主な特筆事件初の死刑求刑事件 - 横浜耳かき店員殺害事件(判決は無期懲役)

初の死刑判決事件 - 横浜港バラバラ殺人事件

初の被告人が未成年の事件 - 石巻3人殺傷事件

初の性犯罪事件 - 十和田市2女性強盗強姦事件

この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

合議体の構成原則、裁判官3名、裁判員6名の計9名で構成する(法2条2項)。

ただし、公訴事実について争いがないと認められるような事件(自白事件)については、裁判官1名、裁判員4名の5名の合議体で裁判することも可能である(法2条3項)。

区分審理連続殺人事件や無差別大量殺人事件などのように、多数の事件を1人の被告人が起こした場合においては審理が長期化するおそれがあり、裁判員が長期間審理に携わることは困難である。そこで、裁判所は、併合事件(複数の事件を一括して審理している事件)について、事件を区分して、区分した事件ごとに合議体を設けて、順次、審理することができる。ただし、犯罪の証明に支障を生じるおそれがあるとき、被告人の防御に不利益な場合などは区分審理決定を行うことはできない(法71条)。

この場合、あらかじめ2回目以降に行われる区分審理審判または併合事件審判に加わる予定の裁判員または補充裁判員である選任予定裁判員を選任することができる。

区分審理決定がされると、その区分された事件についての犯罪の成否が判断され、部分判決がなされる。部分判決では犯罪の成否のみ判断が下され、量刑については判断を行わない。ただし、有罪とする場合において情状事実については部分判決で示すことができる。この手続を区分審理審判という。

そして、すべての区分審理審判が終了後、区分審理に付されなかった事件の犯罪の成否と併合事件全体の裁判を行う。すなわち、ここの合議体では残された事件の犯罪の成否と既になされた部分判決に基づいて量刑を決定することとなる。なお、この審判を併合事件審判という。

そして、裁判員はそれぞれ1つの区分審理審判または併合事件審判にしか加わらないので、裁判員を長期に拘束する必要がなくなり負担軽減につながるとされている。もっとも、裁判官は原則として事件全体に関与するので、裁判員と裁判官の間の情報格差が審理に影響を及ぼすのではないかと懸念する声もある。

ウィキぺディア加工。