環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

二十四節気七十二候

四柱推命(しちゅうすいめい)の基本原理

本命星

干支番号の暦

運命数

 

 

 

 

 

 

四柱推命(しちゅうすいめい)の基本原理

四柱推命は、古代中国で考え出された占術で陰陽五行説(おんようごぎょうせつ)、干支術(かんしじゅつ)などがもとしなっています。 この根本となる東洋占術の原理を理解することが、四柱推命をスムーズに理解することにつながります。この章では、四柱推命に初めて取り組む人のために根本となる東洋占術の原理を説明していきましょう。

陰・陽について

中国の占術の源である陰陽思想(おんよう)とは、自然界のあらゆるものは、"陰(いん)"と"陽(よう)"の相対するものから成り立っており、天地万物すべてがこの二元素に分けられるという考えです。つまり、天と地、太陽と月、明と暗、動と静、表があればかならず裏があるというように、まったく相反するものを陰と陽とに分け、お互いに補い合って成り立っているという考え方です。

五行について

古代中国の人達は、自然界を陰と陽とに分ける陰陽思想とともに、五行説(ごぎょう )という思想をも確立しました。目に見えるもの、見えないものにかかわらず、自然界にあるものすべては、つきつめていけば、「木( もく )」「火(か)」「土(ど)」「金(こん )」「水(すい)」の五つの要素に分類することができ、天地万物すべてのものは、この五要素のどれかにあてはまり、この五要素によって成り立っているという考え方です。

それでは、その五つの要薫を異体的に税明しましょう。

木 - 樹木に限らず、木を原料としたすべてのものをさします。暖かい気を意味し、象徴する季節は春です。

火 - 火そのものだけでなく、発熱作用や明るく輝く光、太陽などもさします。熱い気を意味し、象徴する季節は夏です。

土 - 大地や山岳の土に限らず、あらゆるものを生成し、腐敗させる土の作用全般をさします。湿った気を意味し、季節の変わり目の土用を象徴します。

金?鉱物や金属で作られたすべての製品をさします。涼しい気を意味し、象徴する季節は秋です。

水 - 水だけでなく液体状のすべてのものをさします。つめたい寒気を意味し、象徴する李鰻即は冬です。

これらの五つの要素(五行)で自然界が構成されているわけですが、それぞれが単独で存在しているわけでなく、互いに助け合ったり、害し合ったりして成り立っています。

相性・相克

五行説の相生とは、互いが助け合う関係をいい、円をかくように循環します。 たとえば、木は水や雨露によって栄養分を与えられて成育します。木をこすり合わせることにより火が発生し、火に木を加えるとその勢いはますます盛んになります。火が燃え尽きれば灰となり、それはやがて土となります。土の中(鉱山)からは、金が発掘され、つめたい金属の表面には水分を生じます。"水生木" "木生火" "火生土" "土生金" "金生水" となり、そしてまた〝水生木"と循環していきます。 五行の相剋(そうこく)害し合い、傷つけ合う関係をいいます。 木は大地に根をはり、土の養分を吸いとります。木は土を剋している(傷つけている)ことになるわけです。また、その土は、水流をせき止めたり、清水を濁したりして、水を害します。水は、燃えさかる火勢を弱めたり、消したりします。火は金属を溶かし、金属は鋭い刃物となって木を傷つけます。"木剋土" "圭剋水" "水剋火" "火剋金" 金剋木" と、ひとつおきにその五行同士が衝突し、図に表すと星形のようになります。

このように、自然界のあらゆるものを陰と陽とに、そして、五行に分類して考えました。この考え方は四柱推命の基礎となりますので十分頭に入れてお見ましょう。

干支について

·十干

陰陽五行説をもとにして、甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのと)、丁(ひのと)、戌(つちのえ)、庚(かのえ)、辛(かのと)、癸(みずのと)という十干が考えだされました。 この十干も陰と陽、五行に分類されます。

·十二支

子(ね)、牛(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(午)、未(ひつじ) 申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)の十二支が地のエネルギーとして考えられました。この十二支も陰と陽、そして五行に分類されます。また、十二支は時刻や方角、月をも表します。