環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

松の葉

ヒノキの葉

椿の葉

ナンテンの葉

よもぎ(もちぐさ)の葉

枇杷の葉

やまももの葉

につき

どくだみの葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒノキの葉

ヒノキの葉

ヒノキの葉

分布

本州、四国、九州の山地帯に分布。 

六甲山系ではスギより少ないが、各所に植栽されている。

名前の由来

古代、檜の材を擦りあわせて火を起こしたので『火の木』が語源とされる。

特徴

常緑針葉高木。 樹高30~40m。 日本の木造建築では最も重要な樹種。

植林される面積も広い

樹皮は赤褐色で縦に長く裂ける。葉は鱗片状で十字対生し、長さ0.2~0.3mm。

枝につける上の葉と側葉の表面は濃緑色。下の葉と側葉の裏面は淡緑色で白い気孔線がY字形になる。

雄花は広楕円形、雌花は球形。球果は直径1cmほど。赤褐色に熟す。