環境エコロジー

日南市の情緒的町づくりを支援するサイト

日南市

九州宮崎県

松の葉

ヒノキの葉

椿の葉

ナンテンの葉

よもぎ(もちぐさ)の葉

枇杷の葉

やまももの葉

につき

どくだみの葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どくだみの葉

どくだみの葉

どくだみの葉

どくだみ (十薬、重薬) ドクダミ科の多年草 草全体独特の臭があります どこでも生え平地の日陰や林床に普通に見られ群生しま白い根茎は盛んに枝分かれして長く横走し増えます茎は黒紫色高さ15㎝~50cmにもなります 葉は瓦生し葉身は卵状心臓形で暗緑色で長さは5cm位です 初夏茎の上部から花穂を出淡黄色の小さな花を穂状につけます 穂の下に白い花弁のような総包片を四枚十字形につけるので1個の花のように見えます 1属1種でヒマヤラから日本に広く分布しています生活形は多年草花期は6月から7月頃です

名前の由来

和名は いずれも薬として有用であることを 示しています

·ドクイタミ(毒痛)の意味です

·ドククダシノミ(毒下飲)の意味です

·テクサミ(手臭)の意味です

·ドクタメ(毒矯)の転訛です

別称/方言 ジュウヤク

特徴 

よく見かけますが1属1種の珍しい植物です。(漢方名:じゅうやく(十薬、重薬)) じゅうやく科民間薬の王様ともいえるどくだみですが、その悪臭のため嫌われている方も多いようです。 しかし、薬効は高く、うまく使えばかなり重宝する薬草です。

ドクダミというと何となく毒を持ってるイメージがありますが、その由来は「ドククダシノミ(毒下飲)」や「毒矯め」に由来するという説があり、いずれにしても毒下しに用いられていました。

有効成分

デカノイルアセトアルデヒド、ラウリンアルデヒド (これが悪臭のもととなっている) クエルチトリン、イソクエルチトリン

効能効果

アルデヒド類は、強い抗菌活性をもっているため、水虫やインキンなどの白癬菌に有効。また、虫さされや腫れ物に効果を示すので、散策などで蚊や蜂に刺された場合に適切な薬を持ち合わせていな いときは、ドクダミの葉をもんでその汁をつけると良い。クエルチトリンやイソクエルチトリンには血管壁強化作用や利尿作用があるので、高血圧や脳出血な どの予防に用いられる。また、便秘にも効くといわれている。

利用法

お茶 花が終わってから地上部を刈り取り、水洗いして風通しの良いところで日光に当ててよく乾かす。(この時点でかなり悪臭は消える)1日4~12gを水350~500mLでよく煎じ、服用する。

·浴剤臭いががまんできれば、全草をよく水洗いしてそのまま湯に入れるか、搾り汁を入れると、タムシや疥癬、肌荒れなどの皮膚病に効果がある。

·搾汁 白癬菌に用いるときは、生葉を塩でもむか、すり下ろして搾り汁をつける。

·その他 加熱すると悪臭は消えるので、火であぶって腫れ物につけたり、てんぷらにしても食べることができる。